MacBook Pro 15インチ TouchBar 2016を修理に出した!

 

iPhone 7 Plus

 

昨年買ったMacBook Pro の⌘キーが反応しない現象がおこり修理に出した。

左側の⌘キーだけが不調となり、Apple Store Ginzaに持って行きました。

勿論、可能な限り色々試してみたけど、いっこうに反応しないので仕方なく修理へ。

Apple Geniusスタッフに事情を説明して、こう言う症状や現象はよくあるのかを問うと、あまり聞かないとのこと。

MacBook Pro全体にWraplusのスキンシールを貼っているが、キーボード周りの全交換になりシールは無くなる可能性が有るらしく仕方が無いので承認した。

納期は工場に送るのもあって約1週間かかるらしく、⌘キーがいかれた状態で持っていてもしかたない、これを了承したのが26日の水曜日だった。

早くて火曜日位に受け取りかと思ったけど、28日金曜日の午前中にお受け渡し可能メールが届いた!

中1日!

早い!

 

iPhone 7 Plus

 

早速受け取りに行きました。

表面や裏面はWraplusは残っていた!

 

 

wraplus for MacBook Pro 15インチ スキンシールを貼ってみた!

 

iPhone 7 Plus

 案の定、トラックパッドの両サイドの滑り止めシールや再度のシールは完全に無かった!

まっ別に仕方ない事でしょうけど、気に入ってただけに残念。

また新しいのを買えばいいけど、それも勿体ないのでこのままで使おうかと…

 

iPhone 7Plus

 

そうそう、本題は⌘キーの問題。

完璧に直ってます。

そして掃除されてるDisplayに全交換のトップケース。

ピッカピカで戻って来た!

 

 

修理報告書を見ると、キーボードとトップケースは一体型でバッテリーも交換になってました。

それにしても早い修理だったし、何よりも対応が良くクイックで事が運んだのが嬉しかった。

流石Apple Geniusスタッフ

今回の修理の料金は一年以内とあって全て無料になったけど、一年過ぎていたら有償で88,000円かかるらしい!

今まではどの製品もApple Careに入っていたが、今回初めてApple Careに入らなかった。それは今までほとんど修理にだした事がないからと、3年使い切る前に売リに出す可能性も考えたからでしたが、やっぱりApple Careに入るべきですね〜。

一年以内に入れば購入した日から3年有効だし、入ることにしました。

 

あれ、全交換になったキーボード、なんか打ちにくい…

なんでだ!?

 

 

旅に持って行ったMacBook Pro 15インチとカメラ機材

 

SONY RX100 M5

 

今回の旅に使いたかった機材

Peak Design バックパック30Lに入れ飛行機に乗りました。

Gitzo GT1545TはRIMOWAにいれ、後は担ぐかハンドルに引っかけ移動です。

天候もイマイチで、旅館の温泉でゆっくりしたのもあり実際使った機材は一部だけ。

宿でiPad Pro 10.5インチに入れたKindleで読書、Macの出番もあんまりなかった。

どうしても写真の旅として行くので荷物が多くなる。

あのレンズ持ってくれば良かったな〜、って事もあるので仕方ない。

 

旅に行くと癒やされるけど、毎回新しいギアが欲しくなるのが難点だ。

 

 

 

旅行BagとApple Watch

 

iPhone 7 Plus

 

飛行機でカメラ機材を運ぶのにいろいろ方法はあるけど、今回は

Peak Design 30L & RIMOWA Salsa 32Lでサクッと行ってみました。

 

iPhone 7 Plus

 

RIMOWAの機内持ち込み最大サイズのソフトケースの為、リュックが重いとバランスがとりにくいのが難点、しかし4輪での運びは本当に便利で助かる。

Peak Designにカメラ機材やMacBook Pro 15インチ、iPad Pro 10.5インチなどを詰め込んで、それなりな重さになっているから仕方が無い。

ハードケースのRIMOWA TOPAS だと大丈夫なのか分からないけど、新しいElectronic Tagのが欲しくなってきた。

 

iPhone 7 Plus

 

今回の旅でもそうだけど、Apple Watchが便利過ぎる!

ネットで航空チケットを予約して、予約メールが届いたらiPhoneのWalletアプリに追加する事でApple Watchに搭乗チケットのQRコードが入る。

旅行当日に荷物お預けコーナーに直接行くか、預ける荷物がなければ直接ダイレクトに保安検査場に行けるシステムがものすごく便利で助かる。

JALでは前からあって屋久島に行った時も便利で良かったが、ANAもより分かりやすくなっていて、使わないと勿体ない。

ポケットや荷物が多い中、チケットを手に持っていることが嫌な自分には本当に楽でエコでもある。

電車、バス、飛行機とApple Watchが便利でならないが、旅先でレンタカーなどにも何らかの形で使えるようになると嬉しい。

 

 

 

 

 

 

wraplus for iPad Pro 10.5インチ スキンシールを貼ってみた!

iPhone 7 Plus

 

iPad Pro 10.5インチ スペースグレイ Wi-Fi + Cellular 256GBにレザーカバーを 買いました。

キーボードは買わず、Apple Pencilは旧iPad Pro 12.9インチ用にあるのを兼用しようかと思ってます。

 

 

確かにiPad Air 2 より大きいけど、あんまり感動はなし。

12.9インチがあるので大きく感じないし、10.5インチでも少し重いのが気になる。

 

iPad のベゼルがブラックが良かったのでスペースグレイに、でもスペースグレイの色が中途半端に感じ、スキンシールを貼ることに。

 

 

2016 MacBook Pro 15インチに貼ったのと同じブラックをチョイス。

 

wraplus for MacBook Pro 15インチ 2016

 

 

裏面だけに貼ってみたけど、ちょっとズレがある。

何回か試してみたけど、カメラの枠に合わせるとどうしてもズレる。

セルラーモデルのグレイのアンテナラインが消えるのも少し残念。

 

 

色々気になるところはあるけど、基本MacBook Pro のと同じで質感、色味は一緒で文句もあるけど気に入ってます。

カバーを付けて厚みを増したくない方にはオススメです!

 

 

カメラ機材 飛行機の旅

 

旅行機材の話し

iPhone 7 Plus

 

2泊3日の旅なのに、やたら荷物が多い!

RIMOWA 62LにGITZOの三脚2本に充電器やら、Peak Designのバックパックや着替えを詰め込みお預け。

thinkTAN Photo Airport Acceleratorにカメラ機材一式にMacBook Pro 15インチとiPad を入れて機内持ち込み。

iPhone 7 Plus

 

iPhone 7 Puls

 

機内持ち込みにギリギリ対応されているだけあって、機内座席下にスッポリ入るシートとそうでないシートがある!

運悪く入らないときは、上に納めるようにと客室乗務員に言われるが仕方ない。

ミラーレスカメラにシステムを移行してもう3年になるけど、一眼レフ時代では考えられない程の機材を機内に持ち込めるのは非常に嬉しい。

 

iPhone 6s

 

流石に現地での撮影でこのバックパック担いではキツイので、Peak Design 30Lバックパックに機材を選んで持ち運ぶ形をとってます。

 

iPhone 6s

 

クルージングの時はロングコートを無償貸し出ししてくれるので助かった!

とにかく旅には荷物を少なくと言うのが普通なのだけど、そう言う話ではなく沢山の機材や荷物をミラーレスカメラシステムだと持って行けるし軽くすむよと言う話しでした。

カメラとMacBook Proを持って旅に行く