wraplus for MacBook Pro 15インチ スキンシールを貼ってみた!

 

FUJIFILM X70

 

MacBook Pro 15インチ Touch Bar 2016に、ブラックのスキンシールを貼ることにしました。

ケースやカバーをほとんどしない自分にはちょっと珍しいけど、個人的にスペースグレイの色がどうもしっくりこなくて、ブラックにしたかっただけです。

傷や汚れ予防と言うよりは雰囲気を変えた感じです。

 

FUJIFILM X70

 

光沢のない少しザラザラしたマットブラックになるのか、こんな感じです。

元々カッティングされてはいるけど、微妙にサイドの幅が狭いのかスペースグレイの色がどうしても出てしまいます。

 

FUJIFILM X70

 

裏面も脇に合わせるとゴムの位置と少しズレてしまいます。

何度も何度も張り直しが効くのはいいけど、何度やってもこの感じなのでここはあきらめました。

 

FUJIFILM X70

 

今回の新型MacBook Pro用には、側面部分のスキンシールも付属しています。

貼るのに集中していたので写真撮ってズレに気付き、またやりなおしてみましたがそんなに変わらない。

幅に合わさず、USB-C端子枠に合わせた方がきっといいのでしょう。

 

FUJIFILM X70

 

全体に貼ってみた感じは、いいように思ってます。

何色も何種類もあって、カーボンカラーも考えたけど敢えてシンプルなブラックを選んで正解だったと思ってます。

このスキンシールの物じたいも、写真だと分かり辛いと思いますがそれなりに高級感もあり、触り心地もいい。良く出来た商品です。日本製ですしね!

 

                iPhone 7

 

「MacBook Pro本体の薄さや軽さを損なうことなく」とうたっているだけあって、素晴らしいと思います。

多少のサイズ感のズレを我慢出来る方であれば、このスキンシールは有でしょう。

ケースやカバーを買うつもりはなかったけど、これは気に入りました。

因みに、貼るのはそこまで難しくなく、気泡も入らないのが何よりいいです。

 

 

投稿者:

escmm45

東京生まれ 40代 カメラとApple好きの美容師です。

「wraplus for MacBook Pro 15インチ スキンシールを貼ってみた!」への2件のフィードバック

コメントを残す